体育の授業にて

次男が通う高校は卓球部が結構、強い

なので卓球台の数も多い。

今の体育の授業は卓球。

次男は小学生の時、近所の公民館に置いてある

卓球台でよく友達と遊んでいた

どう覚えたのかは知らないが遊んでいるうちに

様な技を身につけたようで妙に強くなった

長男も負かされたし長男の友達も全滅だったらしい。

中学では卓球部に入るんだろうとみんなが

思っていたのに、まさかのバレー部

チビだった次男はバレー部に入って背を伸ばそうと考えたのだ。その時は伸びなかったけど

高校に入って3年生になり、また卓球を

体育の授業だけど

次男のクラス、男子は20人。

10台の卓球台を使い総当たり戦

2分間、戦い1分、休憩

勝った方は隣の台へ移動し

を繰り返す。

次男のクラスには双子がいる

一卵性双生児。おとなしい兄弟らしく

あまり親しくないので次男は未だ

兄か弟かの判別がつかないそう

次男は卓球が得意なので1戦目を勝って

隣の台へ移動した。すると双子の兄か弟

そこでも楽勝し隣の台へ。

すると、また双子の兄か弟

時間が巻き戻ったようだった

次男は回顧する。。

双子の兄弟は、さすがに一卵性双生児なだけあり

癖が全く同じだそう。

再放送を見ているようだった。

次男の言葉だ

結局、次男は勝ち続け7ランクで

分けたピラミッドのグループで

トップから2番目の位置につけたらしい。

トップは卓球部の選手達。

中学時代、卓球部に入ってたら

もっと強くなってたのかもね

張本選手みたいに

チョレイ!って言ってたかもね

ま、無理か。

ではでは

広告を非表示にする