160403中山5Rニシノソレイユ

ニシノソレイユ当時牡3

ストーミングホームニシノシルエットアグネスタキオン

全7戦。最高着順は新馬戦の5着。

浦和に移籍して頑張っています。

ヘヘッ

すんげー悪そうな顔(笑)

最後はキリッ!で締め(笑)

火、水と連休です。

もちろん引きこもって読書ドラマネット酒漬け。明日もその予定。

それが私にとって最高の休日。

連休はこの後のシフトでは取るのをやめました。

たまにはこうして連休も良いし、必要だけど、単発休みを沢山入れた方が

明日は休みだぜと思いながら気分よく働ける日が増えるしね。

確かこの連休はJDDに掛かるように意図的に取った気がする。

まだユニコーンSの結果も出ていない時に提出したシフトなので、

ユニコーンSに出走予定だったリェルディがJDDまで駒を進める可能性があったからだ。

それにしても御神本騎手はなかなか復帰しないね。

南関マニアの母も御神本騎手の帰りを手ぐすね引いて待っているが、

復帰するする詐欺状態になっているため、母のイラつきもピークである。

ミカはまだ帰ってこないのか!もうダメだねあいつは!と、

御神本騎手不在の大井開催がスタートするたびに母激怒

--------------------------------

今夏はドラマを一本も見ない夏になってしまった。

観ようと思って気乗りしていなかった日曜劇場の第一話を見逃した。

だから今見ているのは大河だけ。

ドラマを見ない分、読書を進めたい。

ちなみに前期ドラマでは小さな巨人のラスト2話をまだ未見だ。

もうすぐ小島師著書馬を走らせるを読み終える。

この人の本は騎手時代の本もそうだけど、その職業の仕事ぶりの描写が多く、

その職業騎手調教師の紹介的な雰囲気が強い。この本は特にそう。

調教師は調教内容を考える以外にも牧場に馬を見に行ったり、やることは山積み。

あれもしよう、これもしよう、馬の様子も見に行こう、新しい馬も探そう、

などと思ったら休みなんか本当になくなる。

関係者と食事したり、交流したりも仕事。

大変。

馬と人が好きじゃなきゃできないね。

でもすべての調教師がそんなに真面目に多忙にしているとは思わないけど

特に地方なんかは

あと調教師が競馬場にいるのは臨場義務だったのか。義務なのか。

調教師はできるだけレースの時居なきゃダメよという程度だと思ってた(笑)

調教師が来られない場合は調教助手勤続3年以上がいればOK。

それは初めて知った。

競馬場に行く、牧場に行く、接待に行く、などなど、

とにかくめちゃくちゃ飛び回らされる仕事だなと思った。

私が競馬に携わる仕事に就くとしたら?

そうだね、競馬場パドックのボロ取り部隊の隊長になりたいね!

仕事にプロ意識を持って完璧なボロ取りを毎レース抜かりなくやりたいね!!

というのは冗談で、

人と関わる時間がほとんどない、

ひたすら馬と接する馬に乗る時間の長いポジションがいいな