智笑ポエム草のつるぎ(視線のおよそ30度の高さに)

視線のおよそ30度の高さに

眼を得る

楠くすのきの頭上に

不快な光線が奔った

原爆がさく裂したのだ

諫早湾に太陽が照るよ

大きくて真赤な太陽が海にしずしずと入るよ

そのやうにして圧倒的な光線は地上を無にして焼き尽し

長崎の鐘が鐘楼に鳴り響くのはしばらくして後のことである

喪はれた人たちは永遠に言葉を持たないから

地に落ちた言葉や

地中に潜った言葉や

言葉未然の言葉は一瞬に

口唇から出た途端に蒸散してしまふものだから

地や海や山やいたるところに

肉親や縁者や知り合いの血の中に探しに行かなければならない

19歳の青年は敢えて戦闘集団に我が身を置いて

鉄兜の紐を顎に結んだ

顎門あぎとよ

めぐり来るまた巡り来る熱射の下で

散らばって忘れ去られやうとしてゐる一つ一つの言葉を探す

草に劍があるわけではなく

それはこの旺盛な沸騰する樹液の下で

蝉が鳴きしきる

まるで自身や人類への鞭となって

青い強靭な草のつるぎとなって

夥しい死者の声に耳を傾ければ

それは草のつるぎとなって

倉石智證

178/5日経新聞

(野呂邦暢くにのぶ1937生まれ。19458/9疎開先母親実家の諫早市で)

視線のおよそ三十度ほどの高さにある楠くすのきの巨木のうえに、とつぜん白い光の球が現れ、太陽のように輝いた。大学進学を断念し、東京でさまざまな職を転としたのち、一九五七年六月、ふたたび郷里に帰った野呂邦暢は、驚くべき選択をする。佐世保自衛隊に入隊したのだ。九月生まれだから、このとき十九歳。二カ月の基礎訓練を終了して北海道の千歳基地に配属され、翌年五月には除隊している。十六年後の一九七四年、佐世保での体験を描いた草のつるぎで、彼は芥川賞を受賞した。いわゆる鍋底不況のなか、とりあえず食べなければならなかった。しかしそれ以上に大きかったのは、何かイヤなものを壊したい無色透明な人間になりたい草のつるぎ、そのために、一度自分を空っぽにしなくてはならない、という切羽詰まった思いである。

ちなみにわが国では

1950警察予備隊

1952保安隊

19547/1自衛隊が設立された。