昌子車屋のとこと、三浦植田のところが、

昌子車屋のとこと、三浦植田のところが、文系大学一年の初講義時なみに隣との意思疎通が出来ていない