どうなる、冬の移籍市場

ダイクの加入、コウチの脱退とドタバタだった年始も一つ落ち着きを取り戻したといったところでしょうか?

コウチのお話もこれにて一旦幕引きといったところでしょう。

クロップの出したコメントはこの前書きましたが、コウチもインスタでのコメントを出しましたね。

バルサが夢だを多く語っているところがリバプールの思い出以上に目立って見えてしまって自分の補正も入ってるせいもあってか少鼻につくところもありましたが、それでも立つ鳥跡を濁すような感じで出ていく人も何人もいましたからねそういう人たちに比べたらよほどマシだと思います。

冬移籍でなく夏移籍だったら自分含め今以上の多くのファンがしこりも全くなく送り出せたかと思ってしまいますが。

ジェラードやフィルミ、モレノなどもコウチに対してコメントを出していましたが、まぁでもこれで自分の中でもスパッと割り切れるかな、と。

バルサは応援する気にはなれないので、コウチはもうリバプールの選手ではなくバルサの選手、と。今夏のことさえなければバルサの中にいる一選手としてのマスチェもスアレスも、そしてコウチも応援できたんですがね

さて、そんな二つのビッグディールが終わると、次の話題はコウチが残していった大金で誰を獲るのか?という話。

噂程度で実現可能性は低いのが多いでしょうが、候補として出てきている選手を挙げたいと思います。

レマル

コウチの代役として今夏から続いている選手ですね。90Mという異常な移籍金に加えてモナコが放出に否定的でしたが、ここ最近になって態度を軟化させているという噂。

本人はリバプールを希望しているのも変わらず。移籍金の最低額も70Mまで下げるということで獲得の第一候補ではありますが、焦らず冬ではなく夏の獲得を目指すのでは?という話も強くなってきているようです。

プレイをよく見てきたわけではないので特に突っ込んだことは言えませんが、個人的に言えるのは高すぎるかな?ということ。プレミア経験があるダイクとは話が違う。

また、サラーは驚くべきほどのフィジカルがありますが、レマルにそのフィジカルがあるのかが疑問。サラーもフィルミも上手くフィットしているのはプレミアでも通用するフィジカルがあるからですからね。

マフレズ

レマルの次点で彼の名前が前から挙がってますね。ただリバプール自体がその噂に否定的なようですが。

今季も成績自体はかなり良いようですが、やはりあと1、2年前だったらなぁと思わざるを得ませんね。

あとマフレズは基本適性位置が右サイドなんですよね。

ぶっちゃけるとサラーもマネも左右どちらと言ったら、共に右サイドの方が得意。

それを考えると、左サイドが出来るレマルとなるのが至極当然にも思えてしまいます。

ゴレツカ

ドイツの期待の若手ですね。来夏にはフリーにもなるとのこと。

ただバイエルンがほぼ内定気味でもありますからなかなか厳しいでしょう。ドイツ人としては当然プレミアに来るよりはバイエルンに行った方が生活面含めて都合がいいでしょうしね。

個人的にはだいぶ望みは薄いかと思ってます。

セバージョス

最近急浮上してきた話題のレアルの若手選手。

リバプール行きを希望していて、レッズ関係者とホテルで会談を行なった?なんてことも噂になっているとか。

21歳ってことですが、非常に若い選手はなかなか出場機会に恵まれませんからねぇ。ソランケ、ゴメス、アーノルドあたりはよく起用されてますが、グルイッチやレッズの期待の星ウッドバーンですらローンの噂も出てますし。

まぁでも、そのイングランド若手三人衆なんかはクロップのお眼鏡にかなったのか、よく起用されてるのは事実ですし、若手でもクロップの下なら大いにチャンスありですかね?

アリソン

ローマのGKですね。この前にミニョレアーセナル戦で三失点してからGKの補強が大きく騒がれてますね。現地でもGKの補強希望が多く出てるようです。

GKに関してはこの前も書きましたが、ワールドクラスのトップ選手でなければ今いるGKを育てるのでいいと思ってます。カリウスもいまだ覚醒には至ってませんが、根気強く育てて欲しいと思ってます。

ストロートマン

こちらもローマの有名選手ですね。大怪我をする前だったら間違いなくワールドクラスの選手でしたが、大怪我で長期離脱を繰り返し、気付けばもう27歳。怪我に泣いた選手の一人ですね。

ただロングフィードはヘンド以上の一級品の選手だと思ってます。

ジャンが出ていくとしたらという前提のようですし、そもそも27歳の中盤の選手を今から獲りに行くとはちょっと思えない。可能性は相当低いでしょうね。

オーバメヤン

中国への移籍が最近まで話題になってましたが、中国のクラブが否定したようで。とは言え、現段階で否定しただけで、まだまだ可能性はありそうですが。

オーバメヤンリバプールでも何度か話題になりましたね。

マネ、オーバ、サラーなんてアフリカン3トップが実現しようものなら、そのスピードと破壊力たるや

とは言え、フィルミがいますから優先度は低めでしょう。

ラキティッチ

確か夏にもチラッと飛ばし記事が出てましたが。あとイニエスタラキティッチがコウチはバルサにはいらないとも言っていましたね。

まぁコウチがそっちに言ったせいであぶれるんじゃないか?と予想しただけで信憑性も何もないんでしょうけどね

ただまぁ、ラキティッチは良い選手だと思います。攻守での豊富な運動量なんかもクロップ好みでしょうし、コウチがいなくなって弱くなったミドルシュートなんかも打てますし。

とは言え、そもそも可能性はゼロに等しいでしょう。